Shinsen Debut (3)


子供を日本に残しての渡航だったので、 最短で帰ってきましたが、ちょっぴり深圳散策もできました。 香港空港から車で2時間くらいの所にある深圳市は、香港特別行政区と接しており、往来にはパスポートが必要です。 中国初の経済特区でもあるので、かなりの近代都市でした。ただ大通りから1歩路地に入るとこれぞアジア!な感じの混沌とした風景もあり、それなりに異国感も楽しめます。(怖すぎる目をした「少年足球」とか(笑)

JasonとTimmyに案内してもらい、彼らのコンセプトショップを見せてもらったり、アーティストでもあるTimmy御用達のファブリック・マーケットで怪しげな生地をお土産に買ったり。夜は、みんなの共通の友人のNatalieとDaniel(2人とも香港の雑誌のディレクター!)が合流して、楽しく夜は更けていくのでした。

短い日程だったけど、それなりに満喫した深圳デビューでした。
中国に行くまでは、仕事の進行の仕方にただ戸惑うばかりでしたが、行ってみて、ちょっとだけですが理解できたように思いました。
直感的に自由に、スケジュールにさえも縛られない仕事の仕方は少し羨ましくもあります。
そうそう、肝心のTシャツですが、「上がってきたサンプルがイマイチで結局、間に合いませんでした」とあっさりと言われました(笑)

(終)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*